FacebookTwitterInstagramLINE@
 
line
SPECIAL COLUMN / "撮ル"をあそぼう。
< PREV
INDEX
NEXT >

【"撮ル"をあそぼう。02】
椎名ぴかりん/栗原ひとみ、松川舞、横山なつみ(CoverGirls)

2016.07.08

目黒FMから発信される、旬なアイドルをゲストに招くトーク番組「アイドルステーション」。2回目を迎えた4月28日オンエアの「"撮ル"をあそぼう。」のコーナーでは、チェキを使って、もっと楽しく!もっと簡単に楽しんじゃおう!をコンセプトにMCのクロちゃんとアシスタントMCの安藤咲桜さん(つりビット)、そしてゲストの椎名ぴかりんさん、CoverGirlsの栗原ひとみさん、松川舞さん、横山なつみさんとみんなで一緒にチェキで記念撮影。とっても楽しい時間がつまった写真と番組の様子をレポートしちゃいます!

REPORT:4月28日放送「アイドルステーション」

MC:クロちゃん(安田大サーカス)、安藤咲桜(つりビット)
ゲスト:椎名ぴかりん/栗原ひとみ、松川舞、横山なつみ(CoverGirls)

1組目のゲストはCoverGirlsから栗原ひとみさん、松川舞さん、横山なつみさんが登場。作詞作曲、衣装、振り付け、セットリストに至るまで、セルフクリエイティブを行っているという才女たち。リーダーの松川さんの明るく天然な雰囲気には、クロちゃんも終始たじたじな様子でした。

そして、2組目のゲストは椎名ぴかりんさん。魔界から降臨したアイドルとして、独特のライブパフォーマンスは圧巻だそうで、クロちゃんからの感想には「ありがたーきっ」と少し照れながらも軽快なトークを展開。ナルシスポーズ(ぴかりんさんの決めポーズ)や新曲で披露しているデスボイスのレクチャーなどなど自由で楽しいひとときを終え、あっという間に番組最後のコーナー「“撮ル”をあそぼう 。」へ。クロちゃんも交えて6人でパシャリ!ナルシスポーズきまってますね。

番組終了後は、みんなでチェキにサイン&お絵描き!CoverGirlsのみなさんと、つりビットの安藤さんにチェキについてインタビューしてみました。

INTERVIEW:写真撮ってる?チェキについての思い出を語って!

 

――CoverGirlsのみなさんは、普段、どんな感じでチェキをセルフクリエイトしていますか?

横山:「ありがとう」を書くことが多いですね。今日は手を振ってくれてありがとうとか、具体的なその日の思い出を裏面を使って丁寧に書いたりしちゃいます。思い出を残せる一枚として作り上げていますね。

栗原:そのときにあったことの感想を入れます。それからチェキの裏面って黒色じゃないですか。それを生かしてイラストを書いたりしています。

松川:日付を添えて、心をこめてサインを書きます。最近はまいまいポーズばかりですが(笑)。

――みなさんは2025年から来た設定だそうですが、2025年のチェキはどうなっていますか?

栗原:立体的になっています!たぶん(笑)。

松川:浮き出てくるみたいな。

栗原:だから、そのときの思い出がわかりやすく印刷して出てくるものであればいいなって。

横山:あるんだよね(笑)。

栗原:あります!出てるんです(笑)。

――では、2025年の今日、撮り終えたチェキの後ろにはなにが写っていますか?

栗原:明日!

横山:今日でもなく、明日(笑)未来なのね。チェキ撮ったら、占いもできちゃうんだよね。

松川:めっちゃ便利だね!

――松川さんは過去に今日のゲスト、椎名ぴかりんさんのライブを見に行ったとき、一緒にチェキを撮られたとのことですが、今日また撮影できて、どうでしたか

松川:私が一方的に好きで、一回もライブとかでご一緒したこともなくて・・・。だから、完全にプライベートで一人でぴかりんさんのライブを見に行ってました。撮影会では写メとチェキが選べる形式だったんですが、即答でチェキって答えたんです!チェキは持ち歩けるし、色んなことを書いたりできるので。
今回、番組中は隣の席で、ずっと緊張しました。でも本当に幸せでした。つぎは大きい会場で、二人だけで一緒に撮りたいです!

――では最後に、チェキでお気に入りの3枚を撮るとしたら、なにを撮りますか?
横山:ライブのステージから見たお客さんの姿を撮りたいです。あとは、メンバーとの集合写真、最後はチーズケーキです。チーズケーキ、本当に好きなんで。

栗原:1枚目は、16匹飼っているインコたちを撮りたいです。2枚目は、メンバーの変顏を撮りたいです。そして、撮った変顔写真をライブ前とか、緊張をほぐすために衣装に忍ばせて見てみたりしたいです。3枚目は、大好きなぴかりんさんとのツーショットを撮りたいです!

松川:私は、CoverGirlsのファンの方全員とCoverGirlsを引きで撮りたいです。チェキでメンバーを撮ったことないんですよね、実は。あと、私はお花畑の妖精さんなので、お花を撮りたいです。カメラをやったことないんですが、チェキには自信があるので、お花とか自然のものを、どれだけキレイに撮れるかチャレンジしてみたいんです。最後の3枚目は、自撮りです!

――安藤さんは、この番組内で唯一、チェキのシャッターを押されるわけですが、上手なチェキの撮り方など見つけられましたか?

安藤:そうですね。だいぶ上達したとは思います。手を伸ばして撮ると震えてうまく撮れないので、腕を少し曲げて撮るようにしています。そうするとブレずに安定することがわかりました。今回の番組内で発見しました!次回からも、活かす予定です。

――安藤さんがもし遊びに行くとしたら、チェキでなにを撮って思い出にしたいですか?

安藤:チェキってレトロな雰囲気になるので、逆に話題の新しい建物とかを撮ってレトロ風にしたら楽しいかなって思います。今年からチェキを始めたんですが、まだまだで。チェキ帳が何冊にもなるように、どんどん増やしていきたいです!

 

アイドルの撮影会ではチェキのほうが、“生”な感じや、思い出が書き込めたりと特別感が増すのかもしれませんね。その日、そのとき思ったこと、大切な記憶が残せるチェキって優れものですね。

編集後記

椎名ぴかりんさんからは、「魔界人(ファン)とのパフォーマンスのひとつである、土下座ロードを海外のファン方にも知ってもえたらなと思います。これからも、常識をぶっこわすライブをして行きます!ありがたーきっ」とキメてくれました。ライブ中は魔界人が土下座して“土下座ロード”という道を作り、ぴかりんさんがその上を歩くのだとか。撮影会時も盛り上がるそうなので、みなさんまだの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。番組終了後は、みんな名残惜しい気持ちいっぱいで記念撮影。それぞれのライブ活動を楽しみに、最後まで話はつきませんでした。

< 前のコラムを読む
【"撮ル"をあそぼう。】コラム一覧
次のコラムを読む >
text by 杉田直子(SHUTTER)
photo by 山田敦士
line

ページの先頭へ

FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-4
【1F】営業時間 11:00 - 20:00|TEL 03-6427-9703
【2F】営業時間 11:00 - 19:00|TEL 03-6427-9709
<第2・第4木曜日は1F・2F共 18:00まで / 年末年始を除き無休>
FUJIFILM